【MVNO】auからIIJmio(格安SIM)に乗り換えたら月額7000円安くなった話

スポンサーリンク

2016年4月に10年以上もお世話になっていたauからIIJmio(格安SIM)に乗り換えました。
乗り換え後の月額費用が7000円も安くなったので、詳細をシェアしたいと思います。
また、IIJmioの友達紹介キャンペーンの詳細も最後に記載しているので気になる方はチェックしてください♪

【MVNO】IIJmioに乗り換えました

格安SIMに乗り換えたきっかけ

理由は簡単、「安くなるから」。
その他細かい理由は、子どもたちの幼稚園などの教育費、子どもたちの将来のための貯蓄、持ち家が欲しいので節約できるところは節約しよう!と思ったからです。
子どもを持つ親は同じ考えではないでしょうか。

そして、子どもたちも大きくなってきたので大きい車も欲しい。
さらには小遣いを増やしたいっ

格安SIMは前から知っていたので、2年縛りが解除できるタイミングを伺っていたというわけです。

乗り換え前の状況

auを利用していた月額費用は、

9,000円

うーん。実に高い。

一か月の通話量

通話はほとんどすることがなかったので、無料通話分に収まっていました。
電話するときはLINEの無料通話やFaceTimeを使用しているので当然ですね。
もちろんパケット代がかかりますが、データ量上限の7GBを超えることはありませんでした。

一か月のデータ使用量

私は片道60分を電車で通勤し、その電車内でニュースやブログを見ています。
もちろんYoutubeを見ることもありますし、アプリの更新やダウンロード等もLTEを使用していました。
上記の内容で一か月に使うデータ量は少なくて1GBちょっと、使っても5GB。
ただし、自宅ではWi-Fiを使用しているので、自宅にいるときは常にWi-Fiを使用していました。

キャリアメールについて

格安SIMに乗り換えると今まで利用していたキャリアメールは使えなくなります。
私は普段からGmailを利用しているので問題なし。
そのため、キャリアメールにこだわる必要はありませんでした。

実現したいこと

格安SIMに乗り換えて費用が少しでも安くなるのはいいのですが、auを利用していたときと同等までとは言いませんが使用していて苦痛に感じるのは嫌だったので、乗り換え先は厳選に厳選を重ねて選びました。
①音声通話は最低限のプランでいい
前述した通り、音声通話は使用せずLINEがほとんど。
ただし、いざという時に電話が使えないとまずいので最低限の音声通話プランが欲しい。

②データ通信量の下限は最低でも3GB
今までのデータ使用量を見ると、多いときで5GB、少ないときは1GBちょっと。
平均をとって3GBぐらいは欲しいなと。

③通信が安定していること
みなさんもご存じの通り格安SIMは、auやdocomoなどの主要キャリアから回線を借りているため、回線混雑時は格安SIM側の通信が遅くなります。
それができるだけ少ない会社がベスト。
料金が安くなったけどスマホ触るとストレスMAX!なんてことは避けたい。

④乗り換えが簡単なこと
簡単に越したことはありません。
Web上か電話で乗り換えができる会社が理想。
わざわざ店頭に足を運ぶのは時間の無駄。そして、店頭があるということは少なからず料金が高くなるため、徹底的にコスト削減をしているところを選びたかった。

⑤パケットのシェアと翌月への繰り越しができること
これは必須ではありませんが、私が格安SIMに上手く乗り換えれたらカミさんも同じ格安SIM会社に乗り換えようと思ったからです。
どちらかがパケットの上限を超えたときにシェアしあえたり、余ったパケットを翌月に繰り越せたりできると、通信制限でストレスを感じたり無駄な費用を払うこともなくなります。

乗り換え先を決定!

上記を踏まえじっくり考えました。2か月ぐらい考えましたよ。
それがIIJmioというわけです。
「あいあいじぇいみお」と読みます。
公式サイトはこちら。

しかし、ここで問題が発生。
IIJmioはdocomo回線を使用しているので、auで使用しているiPhone6はIIJmioでは使えないんですね。
これは困った。
と言うのも、その当時はau版iPhone6が使える格安SIM会社が無かったんですね。
なので、docomo版iPhoneを手に入れるべく、オークションで購入することを決意しました。
乗り換え方法については別途記事に纏めるとして、au版iPhone6を売ってdocomo版iPhone5sをゲットし、この問題は解決。

結果

月額料金は以下のようになりました。
じゃーん!

1,600円

私が契約した料金プランはこちら。
・ミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM (みおふぉん)
詳細は、月額料金:900円 + 音声通話:700円。
税込みだと1,728円。

これはデータと音声通話のどちらも使用できるプランの料金が一番低いものです。
先述のとおり、いざというときに電話が使えないとダメなのと、データ量3GBは必要だと思ったのでこれにしました。
それに、うれしいことにプランの変更はいつでもできる(※1)ので、もし足りなければ変更すればいいだけのこと。
ただし、自分から電話をかけた場合はその分が上乗せされるので、上記は最低でもかかる月額費用です。
※1毎月末日のみプラン変更不可

実際に使った感想

では、格安SIMに乗り換えて半年ほど使った感想を。

・データ容量について
使用して6カ月経ちますが、一度も3GBを超えたことはありません。
むしろ翌月にデータを繰り越しても余るぐらいです。
余った分は翌月に繰り越せるので無駄なく使えます。

・通信速度について
こちらも特に問題なし。
強いて言えば、混雑する時間帯に混んでいる駅前とかに行くと少し重たいかなぁと思うぐらい。
それでもブログを読んだりアプリのダウンロードはストレス無くできます。

・音声通話について
IIJmioは「みおふぉん」という専用通話アプリがあります。
このアプリを使って通話すると、通常の通話料の半額で通話できます。
20円/30秒が10円/30秒になるんですね。
なのでLINEが使えない相手の場合で私から電話をかける場合は、このみおふぉんアプリを使って電話します。
専用アプリと聞くと操作が難しいと思いがちですが、このみおふぉんアプリは操作が難しくない、むしろ標準の通話アプリとほとんど同じなので操作も簡単。

・ネットも契約するとさらに割引き
IIJmioはSIMとは別にネット回線(自宅の光回線)を契約すると月額600円引きとなります。
自宅のネット回線も変えたかったので、こちらも決め手のひとつになりました。
また、回線速度ですが、遅くなるという時間帯でも下り40Mbps出るのでサクサクです。

まとめ

結果、乗り換え成功です。
auを使用していた時の同等のパフォーマンスを得られ、かつ安くできました。
いろいろな格安SIM会社のレビューを確認しましたが、私に合った会社はここでした。
正直言うと、月額2000円まで落とせるとは思っていなかったので、私もカミさんもびっくりです。
今ではauの機種でも乗り換え可能なので詳細は公式サイトで確認してください。

値段が安いと必ずと言っていいほどデメリットやリスクが伴います。
でも、実際に乗り換えて気づきましたが、格安SIMでも十分に運用できること。
知らないというのは罪ですね。

IIJmio以外にも格安SIMと呼ばれる会社さんはたくさんあります。
プランや特典も様々なので、口コミや実際に使っている人の話を聞き、乗り換えを検討してみたらいかがでしょうか。

また、最後にキャンペーンのご紹介。

お友達紹介特典を受け取ろう!

iijmio-tomodachshoukai.png
IIJmioにはお友達紹介特典という素晴らしいキャンペーンがあります。
友達から紹介された人は「契約プランのデータ量が2カ月間10%増量!」という優れもの。
特典を受ける方法は下記のいずれか1つ。
・友達から教えてもらった紹介用URLにアクセスし購入する
・購入時に紹介コードを入力する

上記のURLや紹介コードで個人が特定されたりはしないので安心してください。
公式サイト上でもTwitterやブログで紹介していいよと言っているので大丈夫です。

良かったら下記のURLからの購入か紹介コードを記入して、一緒に特典を受けましょう♪

▼紹介用URL

▼紹介コード
624 1199 8178 9753

スポンサーリンク

シェアはご自由に。

Wordpressテーマ「STORK」

STORK。それは幸せを運んでくれるコウノトリ。スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわったWordpressテーマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&アフィリエイターとして活動している、もう少しで40才に届きそうな2児の父親。 ブログを通じてアフィリエイト、子育て・育児、生活に役立つ情報を仙台からお届けします。