【WordPress】初心者アフィリエイターが有料テーマ「STORK(ストーク)」を選んだ理由

スポンサーリンク

みなさんはWordpressのテーマは無料テーマを使っていますか?それとも有料テーマですか?
無料テーマか有料テーマか、どちらを選ぶかは人によって様々でしょう。
単に無料だからという人もいれば、有料テーマのほうが間違いがなさそう!と思って選ぶ人もいると思います。

私は無料テーマを2ヵ月間利用していましたが、とあることがきっかけで有料テーマであるOPENCAGEの「STORK」に変更しました。
なぜ初心者アフィリエイターの私が有料テーマの「STORK」に変更したのか、その理由と決め手となった「STORK」の特徴をご紹介します。

STORK(ストーク)とは

OPENCAGEが出しているWordpressの有料テーマです。

公式サイトでは以下のように書いてます。

ブログマーケッターJUNICHIとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマ。これまでのテーマ開発の経験とブログマーケティングのノウハウの融合によってうまれた、ブログマーケティングのためのWordPressテーマです。
スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりました。見た目は当然のこと、機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわりました。

PCからの閲覧だと感じませんが、スマホからアクセスするとスマホビューのことを隅々まで考えているテーマだということが分かります。
PCの人は是非スマホから当サイトをあちこち確認してみてください。

有料テーマを選んだ理由

理由は大きく分けて2つあります。

ほとんどカスタマイズする必要が無い

カスタマイズに時間がかかって肝心な記事が書けない思いしたことありませんか?
これは性格なのかもしれませんが、私は凝りだすと自分が納得するまで止めないんです。
悪い性格ではないと思いますがブロガーは記事を書いてなんぼですからね。
それに、CSSやHTMLの知識が無い私は余計に時間がかかるんです。

また、私は結婚をしていて2児の父親でもあるのですが、全力で育児に取り組んでいます。
そのためブログにかける時間が少なくなってしまいます。
でも、ブログも本気で取り組みたいんですよね。

仕事は少しでも早く上がれるように努力していますが、家に帰ると育児と家事に追われる毎日。
夫婦二人共フルタイムで仕事をしているのもありますが、朝は6時に起きて自分と子どもたちの準備をして幼稚園に送迎。
仕事をこなし帰ってきたら休む間もなく家事と育児です。

全て終わってやっと自分の時間と思い時計を見ると23時。。。なんてことがほとんどなので、ブログにかける時間が1時間もないんです。(あ、僕は6時間は寝たい派です)
この時間で素人の私にはWordpressのカスタマイズなんてできないんですよね。
カスタマイズすると記事が書けない。記事を書くとカスタマイズが出来ない。カスタマイズや記事を書くのに時間がかかりすぎると、今度は眠くて仕事や育児に影響が出てしまう。三重苦までいっちゃいますよ。(カミさんに怒られることを含めると四重・・・苦)

有料テーマは有料なだけあって細部までこだわりを感じます。
お金で時間を買うということかもしれません。

誰かが言ってました。
「1万円も投資できなければ、アフィリエイターとして成功できないよ」と。
確かにその通り。
決してブロガー=有料テーマではないと私は思っていますが、無料という言葉に魅力を感じ時間だけが過ぎていくのは本末転倒ですからね。

TeTsu
とにかく記事を書くことに専念できる環境が欲しかったんです。

スマホからのアクセスが7割超え

私は複数のサイトを運営していますが、驚くべきことに平均で7割以上がスマホからのアクセスなんです。
これはサイトで扱っているテーマによって変わってくるので一概には言えませんが、私のサイトではそういう結果が出ているので素直に受け入れ、スマホに特化したテーマを利用すべきだと判断しました。

もちろんパソコンからのアクセスもあるのでそれを捨てるつもりはありません。
デザインも見やすさも重視しなければいけませんよね。
そうなると今度は独自のカスタマイズが必要になってきます。
先述した通り私はCSSやHTMLの知識がないため時間がかかり記事どころじゃなくなります。
有料テーマは既にデザインが整っているので、そこに時間をかける必要はないんですよね。
育児も家事もブログも全力でやりたい私にとっては有料テーマはピッタリなツールだんたんです。

TeTsu
大事なのはモバイルファーストであること。そしてテーマはデザインも見やすさも大事!

じゃあ、なんでストークなの?

それはダントツでモバイルファーストだから。
公式サイトでも書かれていますが、ストークはモバイルからの閲覧や見た目にこだわって作られています。

先述したとおり、私が運営しているサイトはモバイルからのアクセスが多いので、スマホから見た場合の「デザイン」「操作性」は必須条件。
さらに、ブログにかける時間が少ないので、なるべく手をかけなくてもいいもの、それをかなえてくれるのがストークだったわけです。

もちろんそれだけでストークを選んだわけではありません。
他の有料テーマも確認しどれも良かったのですが、最終的にストークを選んだ理由をご紹介します。

モバイルとパソコンのウィジェットが分かれている

一番驚いたのはコレ。
stork01

ウィジェット画面を見るとウィジェットの頭に「PC」や「SP」と付いているのが分かります。
「PC」はパソコンで適用されるウィジェット、「SP」はスマホで適用されるウィジェットになってます。
パソコンとスマホで別々のウィジェットが適用されるので、例えばパソコンではGoogleアドセンスの広告を表示させ、スマホではスマホアプリに特化した広告を表示させたりなど、パソコンとスマホのウィジェットを別々に設定できます。

Googleはパソコンとモバイルの検索結果を分離することを明らかにしています。
さらにはモバイル版がGoogle検索における主要なインデックスになることも決定しています。
それも踏まえた上で、ウィジェットが別々になっているのはとても有利です。

スマホのグローバルメニューが「横スライド」

スマホからサイトを閲覧したときにグローバルメニューは「ハンバーガーメニュー(三←こんなマーク)」で表示させるのが大体です。
でも、ストークは違って「横スライド」で表示できちゃいます。
stork02

これは本当に驚きました。横スライド万歳ですよ。
この横スライドはユーザビリティを下げることなく、むしろ上げてくれるので操作性は抜群です。
他のテーマにも無い機能なので差別化も図れるのもポイント。

気づいた方もいると思いますが、ハンバーガーメニューも表示されています。
「ハンバーガーメニューもあるから同じメニューが表示されちゃうんじゃない?」
それがストークは違うんです。

ストークはグローバルメニューとハンバーガーメニューで表示される内容を別々のものに変更できちゃいます。
ハンバーガーメニューに別のリンクを貼ったり画像を貼ったりできるので、それを見たユーザーは驚くことでしょう。
これも他テーマとの差別化ですね。

ショートコードが超絶便利

「ストーク」ではショートコードが最初から用意されています。

ショートコード・・・事前に登録したプログラムコードを短いコード(ショートコード)で呼び出し、それを実行する機能。

知識も時間も無い私にとってはとても有り難い機能です。
詳しくは公式サイトで紹介されているので、ここでは私が使う頻度が高いショートコードをご紹介。

TeTsu
大事なのはモバイルファーストであること。そしてテーマはデザインも見やすさも大事!

吹き出し

TeTsu
シンプルなものだったり
TeTsu
Facebook風だったり
TeTsu
LINE風だったり

補足/注意説明文

これは補足説明
これは注意説明

ボタン

などなど、ユーザーが見て「おっ、このサイト凝ってるな」なんて思うような仕掛けがたくさんあります。
これらがショートコードで簡単に呼び出せちゃいます。

トップページのレイアウトをパソコンとスマホで分けれる

通常のテーマはパソコンとスマホのレイアウトは一緒になります。
しかしストークはパソコンとスマホのレイアウトを別々に設定できちゃいます。

シンプル

パソコン
stork03
スマホ
stork04

マガジン

パソコン
stork05
スマホ
stork06

カード

パソコン
stork07
スマホ
stork08

ビッグ

パソコン
stork09
スマホ
stork10

ストークではトップページレイアウトが4つあり、このサイトはPCでは「マガジン」、スマホでは「カード」に設定しています。
パソコンでは大きい画面なのでオシャレ感もでる「マガジン」を、スマホは小さい画面なのでオシャレ感よりも読みやすさを重視し「カード」を選んでいます。
こんなこともできるのはストークならではのメリットですね。

各種設定が簡単

素人でも簡単に設定できないと泥沼にハマって抜け出せなくなり、記事どころじゃなくなってしまいます。
テーマを導入したら、「サイトのカラー」「レイアウト」「広告」の3つぐらいの設定をすれば、サイトがほとんど出来上がります。
私もそうですが、最初の頃は設定だけで時間がとられちゃうんですよね。

全ては「カスタマイズ」に詰まっているので迷わず設定できるし、SNSの設定も必要な情報を1〜2個入力すれば問題なし。
そして下の画像のようなオシャレなFacebookのいいね♪も簡単に表示できちゃいます。
stork11

本来はプラグインを使って実現したりプログラムを書いたりしなければいけないところですが、最初から用意されているので素人には安心ですよね。

SEOがしっかりしている

検索からの流入は一番大事です。
その検索されるためにはSEOは必須条件のひとつ。
でも、私はCSSやHTMLの知識もなければSEOの知識もないんですよね。

そんなんで大丈夫?と思われますがストークは最初からSEOが考えられているテーマなので知識がない私でも大丈夫。
SEOの知識を身につけないとブログが書けないなら私は一生書けないと思います。

デザインがシンプルである

人も10人いたら性格も10通りです。
同じようにサイトも運営者によって様々です。
皆さんもデザインが良くないという理由で、記事も読まずにブラウザを閉じた経験はありませんか?
もちろんコンテンツがしっかりしていれば記事は読みますが、初めて訪れる人にとっては見た目も凄く大事。
見た目の印象が良ければサイトからの離脱率も少なくなりますからね。

それを回避するためには読みやすいデザインでなければいけません。
ゴチャゴチャしているサイトより見やすいサイトが良いとGoogleも言っているぐらいですから。

CTAの設定ができる

簡単にこのようなCTAの設定ができちゃいます。
stork12

CTA・・・コールトゥーアクション。Webサイトの訪問者にとってもらいたい具体的な行動に誘導すること。もしくは、次の行動を喚起するイメージやテキストのこと。

ユーザーに対してアクションを起こすというのはアフィリエイターにとってはとても大切ですよね。
さらにヘッダーにもCTAの設定ができるので、クリック率の上昇に繋がります。

正直なことを言うとこのCTAは必要だと感じていませんでした。
使って初めて分かると言うか、ブログを書いているとどうしても書く側の頭になってしまいがちです。
読者にとってクリックしやすいボタンや表示というのは、アフィリエイトにとっては最低限必要なこと。

CTAの画像も表示できるので、文章だけのCTAより画像があったほうがクリックされやすいのは当然です。
サムネイル画像付きの記事が目立つようにCTAも画像があって初めて効果が出ます。

ランディングページが用意されている

アフィリエイトを始めたばっかりの時は何のことかさっぱり分かりませんでした。
ブログとランディングページの違いが分からなかったんですよね。

ランディングページとは?という質問に5分で完璧に答えてみる


めっちゃ分かりやすい説明です。
アフィリエイターは、商品やサービスを購入に結びつけるのが仕事です。
ストークでは予め用意されているのでその仕事を早く済ませることができます。

STORK(ストーク)は幸せを運ぶ「コウノトリ」

私の心に地味に響いたのがコレ。
私は、「私がブログを書いたことによって誰かのタメになりたい!」と思ってブログを始めたので、このテーマ名がとても気に入ってます。
読者に幸せを運ぶことができたら私自身にも幸せが訪れるのではないだろうか、そんなことを思わせてくれるテーマ名。
また、OPENCAGEさんからは「アルバトロス」「ハミングバード」が出ていますが、最新が「ストーク」なのでもし迷った場合は「ストーク」を選ぶといいですよ。

まとめ

私のように時間が無い人にとってストークは超絶便利なテーマです。
時間がある人やCSSなどの知識がある人には不要かもしれませんが、玄人も唸るほどの仕上がりになっています。
もしこれからアフィリエイトを考えている人は、Wordpressテーマ「STORK」を選択肢の中に入れて考えてみてください。

スポンサーリンク

シェアはご自由に。

Wordpressテーマ「STORK」

STORK。それは幸せを運んでくれるコウノトリ。スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわったWordpressテーマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&アフィリエイターとして活動している、もう少しで40才に届きそうな2児の父親。 ブログを通じてアフィリエイト、子育て・育児、生活に役立つ情報を仙台からお届けします。