無料テーマのSimplicity2から有料テーマの「STORK(ストーク)」に変えて感じたメリットとデメリット

スポンサーリンク

2017年に入ってすぐに有料テーマの「STORK(ストーク)」に変更しました。
それまでは皆さんもご存知の無料テーマ「Simplicity2」を利用してたのですが、とある理由で変更したんです。

【Wordpress】初心者アフィリエイターが有料テーマ「STORK(ストーク)」を選んだ理由

2017.01.29

有料テーマのストークに変えてからちょうど一ヶ月が経ち、ストークの扱いもだいぶ慣れてきました。
そこで、ストークを使って感じたメリットとデメリットを書きたいと思います。
無料テーマから有料テーマに変えようか悩んでる人、ストークが気になっている人は是非参考にしてください。

有料テーマ「STORK(ストーク)」に変えたメリット

最初に言うと、有料テーマに変えて正解でした。
こう思うのは人それぞれだと思います。
現に、有料テーマに変えて失敗したと書いてある記事も見かけますからね。
まずはメリットから行きましょう。
ちなみに無料テーマ「Simplicity2」が嫌いで有料テーマに変えたわけではありませんよ。

すぐに記事が書ける

僕の中ではコレが一番のメリット。
【WordPress】初心者アフィリエイターが有料テーマ「STORK(ストーク)」を選んだ理由でも書いてますが、とにかく記事を書く時間が無かったので、ブロガーとして一番やらなければいけないことが全くできなかったんですね。

私はcssやhtmlの知識が無いのでちょっとしたカスタマイズでも、かなり時間がかかってしまうんです。
Simplicity2はカスタマイズしなくてもシンプルなデザインなので、カスタマイズしなくても使えるのですが凝り性だからでしょうか、カスタマイズできないのにカスタマイズしちゃうんですよね。

ストークは「サイトのカラー」「レイアウト」を選択すればデザインは9割完成です。
残りは広告とSNSの設定をするぐらいなので、導入して3時間もすれば知識のない人でも記事が簡単に書けます。
しかも、設定は物凄く簡単。無料テーマにありがちなカスタマイズ後の不具合調整などもほとんどありません。

また、公式サイトの「ストークの使い方」でも設定方法が細かく紹介しているので、悩んだ時や迷った時はすぐに解決することができます。
私もこの公式サイトにはお世話になりました。素人なので、まだまだ利用させてもらってます。

無料テーマの場合はカスタマイズが大変です。
私もそうでしたがcssやhtmlの知識が無い人にとってはカスタマイズの壁はとても高いです。
その壁を取り除き、すぐにでも記事が書けるのはストークの魅力のひとつでもあります。

ちなみに私は無料テーマを使用し、カスタマイズに苦労しブログを書くのを止めたこともあります。
今思えばその時に有料テーマと出会っていれば違っていたかもしれません。

機能が豊富

有料テーマはそれなりの機能、言わばユーザーが欲しがっている機能が標準で提供されている必要があります。
そうじゃなければ誰も買いませんよね。
それに最近の無料テーマはどれも素晴らしいものばかりです。
無料テーマと差別化するためにも高機能なテーマじゃないとユーザーは満足しません。

このストークは現役のブログマーケッターが開発に携わっているので、流行りも便利な機能も全て詰め込んであります。
では、そのストークの代表的な機能である「ショートコード」「スライドショー」「CTA」をご紹介します。

ショートコード

ショートコード・・・事前に登録したプログラムコードを短いコード(ショートコード)で呼び出し、それを実行する機能。
Wordpressではショートコードが利用できます。
利用できると言っても自作しなければいけないのですが、ストークでは用意されているショートコードを入力するだけで簡単に表示できちゃいます。

例えば、吹き出し風のコレ。

TeTsu
これはFacebook風です
TeTsu
LINE風にでもできちゃう

もちろんそれぞれのアイコンを左側に表示することもできます。

TeTsu
Facebook風でアイコンは左側
TeTsu
LINE風も同じようにできちゃう。

次は、オシャレなボタン。
ボタンがあるのと無いのとではクリック率に大きな差が出ます。

さらに、補足/注意説明。

これは補足説明
これは注意説明

このようなオシャレな機能を簡単に呼び出せちゃいます。
いちいち難しいコードを書く必要もなければ、無駄なプラグインを導入する必要もありません。
何より、そういった難しいことをせずに記事に専念できるというのは、僕にとって最高のツールです。
これ以外にも便利なショートコードが用意されているので、気になった方はWordPressテーマ「ストーク」
でご覧ください。

スライドショー

僕のお気に入りの機能のひとつ。
これは実際に見てもらった方が早いでしょう。

当サイトのトップページで表示されているコレ。

この設定も簡単です。
タグにpickupという単語を追加するだけで、勝手に表示されちゃいます。
スライドショーのプラグインもありますが設定が面倒だったりしますが、ストークの場合は以下の2ステップでオシャレなスライドショーが完成します。

①pickupというスラッグを作成する
②スライドショーに表示させたい記事のタグに「pickup」を設定する

たったこれだけの設定でスライドショーができちゃいます。
逆にスライドショーから外したい場合は、そのタグを該当記事から外せばいいだけ。

僕もこのスライドショーに、個人的におすすめの記事を設定したらその記事のPVが上がりました。
やはり、動くモノや画像というのはクリックされやすいと実感。もちろん中身が大切なのですが、ユーザーの目に止まりやすい演出やデザインは大事ですよね。

CTA

あまり馴染みのないCTA。

CTA・・・コールトゥーアクション。Webサイトの訪問者にとってもらいたい具体的な行動に誘導すること。もしくは、次の行動を喚起するイメージやテキストのこと。
このサイトではこのような感じで記事の下に表示しています↓

アフィリエイトではとても大事なこのCTAが、たっとひとつの設定でできちゃうんですよね。
このように、訪れた人の目に止まる機能が標準で付いています。
無料テーマだとどうしても自分で調べてカスタマイズしなければいけませんが、ストークはその必要がないため記事を書くことに専念できます。

モバイルファースト

公式サイトではこのように書いてます。

スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりました。見た目は当然のこと、機能的にも徹底的にモバイルファーストにこだわりました。

サイトのコンテンツにもよりますが、ほとんどのサイトがスマホからのアクセスが多いと思います。
現に僕が運営している複数のサイトでは、平均で7割がスマホからのアクセスです。
これも時代ですが、流行りをいち早く取り入れているのがこのストークです。

横スクロールメニュー

まず、スマホでアクセスするとすぐ分かるのが「横スクロールメニュー」です。
これは本当に驚きました。
画像の赤枠で囲まれいるメニューが横にスクロールします。

通常だとハンバーガーメニュー「三」をタップしてメニューが表示されますが、このストークは違って横スクロールでメニューを表示させることが可能です。

スマホ専用ウィジェット

Googleがパソコンとモバイルの検索結果を分離することを明らかにし、さらにはモバイル版がGoogle検索における主要なインデックスになることも決定しています。
スマホからのアクセスが多いということは、スマホに特化したテーマが今後は有利になっていくということです。
ストークではパソコン用とスマホ用のウィジェットが分かれています。

PCと書かれているのがパソコン用、SPと書かれているのがスマホ用のウィジェットです。
広告を例にすると、パソコンでの閲覧時ではパソコンに特化した広告を、スマホでの閲覧時にはスマホに特化した広告を設定することができます。
このちょっとした工夫で広告収入がガラッと変わってくるんですよね。
僕も実際にスマホ用の広告を設定したら、パソコン用の広告ではクリック率が0だったのにスマホ用の広告はクリックがあったんです。

有料テーマ「STORK(ストーク)」に変えて感じたデメリット

散々メリットを述べてきましたが、やはりデメリットも存在します。
僕が感じたデメリットを正直に書きますね。

有料である

つまるところ、コレですね。
私も購入するまでに躊躇しました。
4、5千円ぐらいなら投資してもいいと思ってましたが、このストークは10,800円もします。
なかなかいい値段するんですよ。

導入したから必ずしも元が取れるかどうかなんて、実際にやってみないと分かりませんよね。
本気でブロガーとして、またはアフィリエイターとしてやって行くなら安いもんですが、少し興味があるという程度なら止めておいたほうが無難かもしれません。

サイトデザインが他サイトと被る

みなさんもこのサイトデザインと同じようなサイトを見たことがあると思います。
デザインは既に完成されているので、変えるとなるとカラーやウィジェットの位置ぐらいです。

もちろん読みやすいデザインになっているのでマイナスには働きませんが、似たようなサイトが多いのでオリジナリティーは少し欠けてしまいます。

まとめ

こんな人におすすめ

・すぐに記事を書きたい人
・カスタマイズに時間をかけたくない人
・スマホに特化したテーマを使いたい人
・面倒くさがり屋さんな人

逆にこんな人にはおすすめしません

・ガリガリとカスタマイズしたい人
・10,800円を払う価値を感じない人

有料テーマなだけあって大きなデメリットは無い、というのが結論でしょうか。
今は記事を書くことに専念できているので、とてもブログを楽しく書けています。

私は上記の「こんな人におすすめ」に書いてること全てに当てはまったので購入しましたが、みなさんは当てはまりましたか?
もし当てはまった場合は自分への投資をしてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアはご自由に。

Wordpressテーマ「STORK」

STORK。それは幸せを運んでくれるコウノトリ。スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわったWordpressテーマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&アフィリエイターとして活動している、もう少しで40才に届きそうな2児の父親。 ブログを通じてアフィリエイト、子育て・育児、生活に役立つ情報を仙台からお届けします。